効率的

コラーゲンの注入の効果と問題点

コラーゲン注入は加齢や外部からのダメージで減ってしまったコラーゲンを即座に肌に入れることが出来ます。
肌に塗るだけでは中に浸透しませんし、飲用では摂取しても一度分解されます。
どの方法よりも早く肌に届けることが出来る効果的な方法といえます。
肌の弾力や保湿力がアップする効果があります。

また、注入することで肌を盛り上がらせることが出来るためシワなどを改善することも出来ます。
しかし良い点ばかりではありません。
まず、アレルギーの問題があります。
ヒアルロン酸注射などと比べるとアレルギーが出やすいのです。

クリニックでは通常、事前にアレルギー反応テストを行いますが、テストで反応が出なければ絶対に安心出来るというわけでもありません。
まれにアレルギー症状が出ることもあります。
主なアレルギー反応は痛みや腫れ、痒み、変色などです。
そして頭痛や発疹などの副作用が出ることもあります。
これにも注意しなければなりません。

また、使用するコラーゲンによっては安全面に確実性がないものがあります。
牛由来のものは安全性が疑われているのです。
他の種類のコラーゲンもありますが、何を使用するかはクリニックの判断で異なります。
安全性についての認識が高いクリニックを自分で選ばなくてはならないのです。

効果も持続性が高いものではありません。
個人差があり、短ければ3か月ほど、長くても1年ほどで体内に吸収されます。
こんなはずではなかった、と後悔することがないように短かい可能性を視野に入れて費用対効果を検討する必要があります。
加えてコラーゲン注射は医師の技術が問われるとの声もあります。
気になるコラーゲンの副作用についても合わせてご覧ください。

ティッシュ1枚ほどの薄い角質層のしたに注入するからです。
この注入が適切に行われないと効果が短くなるとも言われています。
真偽は定かではありませんが、数日で効果がなくなった人もいるといいます。
しかし、効果には個人差があるものです。
始めから確約されたものではないため、結果について良し悪しを判断することも難しいのです。
また、全国のオススメすっぽん料理専門店についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ