効率的

生コラーゲン化粧品の効果

生コラーゲンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
化粧品に使用されているものに対してよく使われる言葉です。
コラーゲンは実は色々な形で存在しています。

例えばⅠ型という形は骨の中に多く、Ⅱ型は軟骨に含まれています。
このように様々な形で体のあちらこちらに使用されています。
生コラーゲンとは肌内部にあるものを再現したものです。

肌の真皮層にあるものは、Ⅲ型といって3本の繊維が絡まりあったような状態になっています。
3本の繊維がらせんのようになっているため水分をつかまえる力が大変優れています。
化粧品はこの水分保持力を活かすために生コラーゲンを配合しています。

つまり、保湿効果です。
化粧品に配合しても肌の内部に浸透することは出来ません。
肌の中に入りこむには分子が大きすぎるからです。
コラーゲンといえば肌の弾力ですが、化粧品ではその効果を発揮することが出来ません。

しかし生コラーゲンならば3重らせん構造によって肌表面の保湿力を高めることができます。
一緒に配合された美容成分を肌の表面に多く留まらせることが出来るのです。
また、化粧品に使われる一般的なものは生コラーゲンと違って加熱処理をほどこされています。
生コラーゲンは3重らせん構造ですが、加熱処理をほどこしたものは単純な構造でそこまで水分を多くつかまえることができません。

保湿効果があっても、3重らせん構造の方が倍以上の効果があるといわれています。
商品によっては6倍の効果があるとうたっています。
各社製法に工夫を凝らしており、その効果を一概に比較することは出来ませんが、こちらの方が保湿効果に優れているということは間違いありません。

化粧品に使用される効果と特徴は飲用するものと得られる効果に違いがあります。
その効果を理解したうえで化粧品を選ぶようにしましょう。
目的に合わないものでは結果も伴いません。
そして「生コラーゲン」と「コラーゲン」の違いにも注目し、より自分に合った化粧品を見つけてください。
またこちらのすっぽんサプリメントについても参考にご覧ください。

このページの先頭へ