効率的

コラーゲンとグルコサミンの関係

最近ではサプリメントの種類も増え、聞いたことがないような成分を耳にすることも多くなりました。
いつの間にか耳に馴染んでいるのにその役割などはわからない、そんな成分もきっとあるはずです。
では、グルコサミンはどうでしょうか。
コラーゲンと一緒に配合されることのある成分です。

コラーゲンは関節にある軟骨の主な成分でもあります。
この軟骨は骨と骨の衝撃を和らげるクッション材の働きをしていますが、これだけではスムーズな動きはできません。
潤滑油も必要です。
その働きをするのはプロテオグリカンとよばれるものです。

糖類の集合体から出来ていて、その主な成分となっているのがグルコサミンです。
つまりグルコサミンは関節をスムーズに動かす潤滑油の主要な成分であるのです。
軟骨の主な成分であるコラーゲンと深い関係にあることがわかります。
このプロテオグリカンの中にはグルコサミンの他にヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸もあります。

グルコサミンはこれらの成分の原料にもなっています。
グルコサミンがなければ潤滑油であるプロテオグリカンは成り立たないのです。
グルコサミンはカニやエビなどから抽出されることが多いですが、普段の食生活でも簡単に補うことが出来ます。
山芋、納豆、オクラ、そしてコラーゲン同様に軟骨や手羽先などからも摂ることが出来ます。
またこちらの注目のすっぽんのコラーゲンについても参考にご覧ください。

しかし食事だけで摂取目安量の1000mg~1500mgを摂ることは難しいかもしれません。
加齢とともに減少する成分なのでサプリメントを飲用する方が確実でしょう。
と、ここまでは関節内におけるコラーゲンとグルコサミンの関わりあいについて触れましたが、実は関節以外の場所でも深い関わりを持っています。グルコサミンがヒアルロン酸の原料になっているという点を思い出してください。

ヒアルロン酸といえば肌の保湿成分です。
コラーゲンと共に肌を構成している重要な成分です。
グルコサミンは美容にも関わっているのです。

コンドロイチンは関節での働きが注目されがちですが、美容効果も高い成分です。
コラーゲン同様に加齢と共に減少してしまいます。
関節痛などが気になりだす前に、サプリメントなどで摂取したいものです。
すっぽんの歴史についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ