効率的

コラーゲンで丈夫でしなやかな骨をつくる

体の中でコラーゲンが存在する場所といえば、女性ならまず肌を思い浮かべることでしょう。
肌のなかにも多く存在していますが、実は骨のなかにも多く存在しています。
骨の70%はカルシウムなどの無機質が詰まった状態になっています。
しかしカルシウムだけでは骨はその強度と形を維持することは出来ません。

骨の構造は建物に例えるとわかりやすいです。
カルシウムは壁や天井です。
それに対してコラーゲンは柱の役割をしています。
どんなに頑丈で厚い壁であっても柱が弱ければ建物はもろくなります。

同様にコラーゲンが十分に機能しなければ骨ももろくなってしまうのです。
また、この成分には弾力というしなやかさがあります。
骨は硬さが重要なイメージがありますが、しなやかさも良い骨の条件となります。
地震があったときの高層マンションを想像してください。

強度が高いだけでは反動で建物の揺れがひどくなることがあります。
コラーゲンはその弾力性で骨にしなやかさを出しています。
そして骨も代謝活動をおこなっています。

カルシウムなどの代謝が正常に行われないとコラーゲンも正常な代謝が出来なくなります。
逆にこの代謝がスムーズに行われないとカルシウムなどをキャッチする力が弱くなります。
影響しあう関係にあるのです。
その良い例が骨粗鬆症です。

この生成が正常でなければ、古いものがいつまでも残ってしまいます。
古いコラーゲンはカルシウムを支える力や弾力性が低下しています。
十分にカルシウムをキャッチすることもできないのでスカスカの骨になるのです。
これが骨粗鬆症です。
従来は骨密度が原因とされていましたが、コラーゲンの弾力性などの質も関わっていることがわかりました。
また、こちらのすっぽんサプリにに含まれる様々な成分についての記事も参考にご覧ください。

つまり、予防するにはカルシウムだけではダメなのです。
コラーゲンの摂取が不可欠なのです。
コラーゲンの骨の中での役割は大変重要なものです。
骨が丈夫でなければ健康的な生活も送れません。
コラーゲンのこの重要な役割にも注目して摂取量に注意しましょう。
またこちらの人気のすっぽんサプリメントについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ