効率的

コラーゲンには育毛増毛効果がある

コラーゲンの働きの中には髪の毛を育てるということもあります。
そのため育毛増毛に効果があります。
その秘密は頭皮にあります。
髪の毛は栄養分を受けて成長します。

栄養素を運ぶものといえば血管が思い浮かびますが、毛細血管が細胞まで届いているわけではありません。
髪の毛の細胞ひとつひとつに届ける仕事はコラーゲンが行っているのです。
頭皮の主な成分であるこれは頭皮の中の真皮という層のすみずみまで張りめぐらされています。
毛細血管から受け取った栄養素は真皮を満たしているコラーゲンがまず受け取り、毛根の細胞に届けているのです。

栄養を届けるコラーゲンの量が少なかったり、質が悪かったりすれば髪も十分に成長できません。
栄養失調の状態ということです。
若い時は十分に栄養が行き届いていたものが、加齢によるコラーゲンの減少で髪が細くなります。
コシもなくなります。

アメリカで以前コラーゲンと髪の関係性を表す実験が行われています。
2か月間、コラーゲンを毎日14g摂るというものです。
髪の太さが10%ほど太くなったという結果になりました。
髪が伸びるまでには時間がかかります。

毛根細胞に栄養が届いたからといって、その日から髪の毛が生えるわけではありません。
周期によって生えるタイミングが決められているのです。
そのためコラーゲンを摂っても効果を感じるまでに時間がかかります。
気長に続けることが大切です。
またこちらのすっぽんの歴史についても参考にご覧ください。

しかも、この実験ではコラーゲン摂取を止めたら髪の太さが戻ったという報告があります。
摂取し続けなければならないのです。
長く続けるためには、感じる効果に一喜一憂しないことです。
最低でも2か月、3か月先を目標に摂りいれることです。
そのようにコラーゲンを摂るにはサプリメントが一番です。

旅行や時間がない時でも簡単に摂ることが出来るからです。
なくてはならないパートナーとして日々の生活に取りいれてみましょう。
気が付いたら効果が出ていた、そんな日がやってくることでしょう。
すっぽんコラーゲンについても合わせてご覧ください。

このページの先頭へ