効率的

コラーゲンの美肌作用とは

コラーゲンには美肌効果があるといわれますが、どのように関わっているかご存知でしょうか。
まず、肌の内部にある真皮層の70%を占めている成分がコラーゲンになります。
この真皮層はエラスチンやヒアルロン酸といった保湿成分や、肌に必要な成分をうみだす繊維芽細胞などの重要な成分が多く含まれているところです。
真皮層の状態が良くなければ、肌の潤いは低下し、それらを新しく生成することが出来なくなります。

その真皮層の主成分であるコラーゲンが減少したり本来の機能を果たせなければ肌の機能が落ちることは想像に難くありません。
コラーゲンはこの真皮層に網目状に張り巡らされています。
伸縮性があり、これが肌の弾力となっています。
加齢とともに失われる弾力やハリを保ってくれているのです。

年々深くなってしまうほうれい線を薄くする効果もあります。
役割はそれだけではありません。
水分を抱える力ももっています。
コラーゲンには色々な形があるのですが、肌の中にあるコラーゲンは3重らせん構造になっています。

3つの線がらせん状に絡み合っているため表面積が広くなります。
この構造の特長が水分を抱える力に優れているのです。
エラスチンやヒアルロン酸と同じように肌の中の水分を保つ役割を担っているのです。
ほかにも肌の新陳代謝を活発にする作用があります。

新陳代謝が活発であるということは美肌になるための条件の一つです。
古い角質が除去され、シミのない肌へと導いてくれるからです。
くすみの予防や改善にも役立ちます。
肌表面の状態が良くなるため、乾燥や紫外線など外からの刺激に強くなります。

このようにコラーゲンは様々な方法で肌をつくり、支えています。
たるみやシワの予防に役立つだけではありません。
保湿や新陳代謝などの役割が他の成分を助け、その効果を何倍にもしているのです。
その結果、潤いがありシミの少ないキレイな肌を実現してくれます。
美肌を語るならば欠かせない成分なのです。

このページの先頭へ