効率的

コラーゲンが年齢を重ねる度に減少する理由

コラーゲンは20歳過ぎから減ってゆきます。
その理由にまず加齢があげられます。
この成分は一度生成されたものがずっと体内に留まっているわけではありません。
分解と生成を繰り返しています。

新しいものと古いものは常に入れ替わっているのです。
ところが加齢によりつくりだす細胞が衰えてきます。
すると新しいものをつくり出す機能が低下してしまうのです。

このような代謝のバランスが崩れることでコラーゲンは減少してゆくのです。
また古いものが体内に残ることが周辺組織への悪影響にもなります。
コラーゲンには毛細血管から各細胞に栄養素を運ぶ役割もあります。
古いものは能力も低下しています。

新しい時と同じように役割を果たす力がないのです。
肌の弾力も奪ってしまいます。
もう一つあげる減少の原因は女性ホルモンの減少です。
女性ホルモンはこれの生成を促す作用があります。

ところが、このホルモンも加齢とともに減少します。
つまり生成の号令が行き届かなくなるのです。
それを証明するかのように年齢ごとの女性ホルモン量の変化とコラーゲン量の変化は同じような動きになります。
女性は恋愛で綺麗になると言いますが、それは女性ホルモンの分泌量が増えたことでコラーゲン量も増えるからだという話もあります。

また個人差はありますが、食事内容の変化も影響を及ぼしています。
炭水化物を多く摂るようになったからです。
パスタやパン、麺類などは炭水化物が多い食事です。
コラーゲンの原料はタンパク質です。

原料が足りなければいくら待ってもこれは生成されません。
良質なタンパク質を十分に摂る必要があります。
コラーゲンを摂ることでも同じ効果が得られます。
コラーゲンの減少を防ぐには体外からの摂取と女性ホルモンを補うことが必要です。

コラーゲン摂取は食事だけでは続かない場合も多いです。
サプリメントやドリンクも利用するほうが確実に摂取できます。
女性ホルモンは大豆イソフラボンで代行できます。
この2点に気を付けて年々減ってゆくコラーゲンに対抗しましょう。
▼またこちらのサイト各種にもにもすっぽんについて詳しく書かれているので参考にご覧ください。

このページの先頭へ